+855-23-901-021

(日本語)受付時間
[現地時間] 9:00~18:00

お知らせ

2017年02月27日

【NEWS】バッタンバン、経済成長が進む

ads_20170227-1488167316.772_medium

カンボジアの農業の中心地であるバッタンバンは長い間、農家に利益をもたらし、国際市場と競争できるように試行錯誤を繰り返してきた。しかし、近年の物流開発プロジェクトや経済開発プロジェクトでバッタンバンには良い影響がもたらされており、同地域は農工業中枢地域として発展を遂げている。

バッタンバン商工会議所のプイ会長は物流面における課題は同地域の生産コストに大きな不可をかけており、お米やキャッサバ、トウモロコシなどの農作物輸出の競争力を失わせていたと話した。

「輸送量が増えれば生産コストも増えるので、限られた輸送力では農作物生産量を増やすことや国際市場と競争することができない。」とプイ会長は話した。

プイ会長はさらに、バッタンバンの河川輸送と鉄道輸送ネットワークは依然として実行不可能だと続けた。同会長によると現在、同地域で収穫された農作物を加工施設や国境、港まで輸送する手段は整備不良の道路のみだという。

物流会社であるCMA CGM Cambodiaのゼネラル・マネージャー、コル氏は出荷価格が低いにも関わらず、輸送コストがバッタンバンの農業輸出に重い負荷をかけ、競争力を低下させていると話した。

「物流コストは依然として高い。これによりバッタンバンの農作物の国際市場での競争力を低下させている」とコル氏は話した。
さらにタイやベトナムにはより良い物流インフラが整っているため、両国の農家はキャッサバをカンボジアの農家よりも1コンテナ当たり200ドル安く輸出できていると続けた。

「もし、キャッサバを安く国際港まで輸送することができない場合、国際密輸に発展する可能性がある。そうなると製品の価値が低下してしまう」とコル氏は話した。

プイ氏によると、日本政府による国道5号線整備などの近年の輸送インフラへの投資は輸送時間や輸送コストを削減することにつながっているという。カンボジア政府は需要の高い農業加工施設への投資も誘致すべきだと同氏は主張した。

またプイ氏は「農産業が改善されれば市場へのアクセスが良くなり、バッタンバンの農家にも恩恵がある。最も重要なことは、市場へのアクセスが良くなることにより、我々の生産物にも価値が加わることだ。」と話した。

しかしながら、プイ氏は潜在的投資家に対する免税や大規模農工業プロジェクトに対する特恵などを設けることにより、政府が投資環境を緩和する必要があると主張した。

「政府はバッタンバンの経済成長を加速させるために、免税や経済的土地営業権などを投資家たちに訴えるべきだ」と話した。

バッタンバン州のラタナク副知事は政府は物流業と農産業を改善するための20年計画を実行していると話した。

2010年から2030年の経済開発計画はバッタンバンを農工業における地域的中枢都市にすることを目標としている。

「政府が発表している計画の目標によると、バッタンバン州は商取引や農工業における中心地となるだろう。」

ラタナク氏は輸送インフラの改善は政府の計画を成功させる上で重要な役割を担うと話した。

アジア開発銀行が北部鉄道復旧作業を打ち切った後、政府はプノンペンとポイペトをバッタンバン北部鉄道の復旧作業を開始している。

プーサット州にある国道5号線から港までの直通道路の建設プロジェクトも承認された。
この道路が建設されれば、トラックがバッタンバンからシアヌークビルまで行く途中にプノンペンを経由する必要がなくなる。

「我々は現在、より短いルートを作るためにインフラ開発を行っている。これにより、輸送コストは削減されるだろう。」とラタナク氏は話した。

phnompenhpost.com

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+855-23-901-021

(日本語)受付時間[現地時間] 9:00~18:00

Leopalace21カンボジアでは日本人のお客様を中心にプノンペンで賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながらカンボジア人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。