+855-23-901-021

(日本語)受付時間
[現地時間] 9:00~18:00

お知らせ

2017年03月09日

【NEWS】カンボジアアンコール航空、フランス航空との提携を決定

カンボジアアンコール航空とフランス航空のKLM設計メンテナンス部門が昨日、航空会社のエアバスA320の艦隊に使用される部品製造の援助、メンテナンスサービスの覚書に署名をした。
この覚書には部品のサポートサービスや修理、メンテナンス、現地サービス基盤の整備、予備要員を12年間にわたり提供していくという内容が含まれている。
カンボジアアンコール航空のCEOグエン・トゥ・フィ氏は、これは両者の長期間に及ぶ合意だと述べた。
トゥ・フィ氏はカンボジアではすでに45社の航空会社が運営しているが、航空産業は未だ新興産業であると話している。
カンボジアの航空産業は年間10%成長しており、カンボジアアンコール航空も同様に成長していっているという。
トゥ・フィ氏は、航空会社は2020年までにエアバスA320の機体を10機保持する予定だという。
「我々はフランス航空のKLM設計メンテナンス部門と協力できることを光栄に思っている。フランス航空は競争力のあるアンコール航空を、できる限りアンコール航空の要望に近いサービスを提供するということで合意した」と同氏は語る。
フランス航空KLM設計メンテナンス部門のファブリス・デフランス副代表は、カンボジアアンコール航空との合意を歓迎している。
同氏は「我々は12年間にわたりカンボジアアンコール航空が今後所有していく10機のA320を支援していくことに合意した。現在カンボジアアンコール航空はA320の機体を3機保有しており、さらに多くの機体を運営できるよう援助していきたい」と述べた。
カンボジアでフランス航空と提携を結ぶのはカンボジアアンコール航空が初めてとなる。
カンボジアアンコール航空の技術サービスの基盤はベトナムのホーチミンにある。しかしながら、近いうちにカンボジアの2つの主要都市で、2機を追加して運営していくという。
12月、フランスのヴァンシ空港はポルトガルフランス、カンボジアにあるハブ空港で国際ネットワークを円滑に運営していくと発表した。
国際空港の中でもトップ5に入るヴァンシ空港は、35の空港で運営方法を管理していく。空港のうち、フランスに13箇所、ポルトガルに10箇所、カンボジアに3箇所、日本に2箇所、ドミニカ共和国とチリのサンティアゴに6箇所空港がある。
カンボジアでは、ヴァンシ航空はプノンペン、シェムリアップ、シアヌークビルにある空港を管理していく。
http://www.khmertimeskh.com/

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+855-23-901-021

(日本語)受付時間[現地時間] 9:00~18:00

Leopalace21カンボジアでは日本人のお客様を中心にプノンペンで賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながらカンボジア人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。