+855-23-901-021

(日本語)受付時間
[現地時間] 9:00~18:00

お知らせ

2017年03月11日

【NEWS】カンボジア、交通事故件数は減少傾向に

公共交通省は昨日、2月の交通事故件数が昨年の同時期と比べて減少したと公表したが、事故件数は依然として多く、毎月多くの人の命が犠牲となっていると関係者は述べた。

省庁の報告によると、先月284件の交通事故が発生し、140人が死亡、418人の負傷者がでた。これは1月の死亡者数169人、負傷者数337人に比べて減少しており、昨年2月の事故件数350件、死亡者数174件、負傷者数540件とも比べても減少している。

しかしながら2016年の毎月の平均事故件数は278件、死者131人で、交通法が改正されてもあまり変化はなかった。2015年からみるとわずかに減少しており、毎月平均すると事故件数は315件、死者は152人となっている。

ミン・マンビー国務長官は、件数は減っているにも関わらず、交通事故による死者や負傷者は未だたくさんいる。交通省は引き続き事故件数の減少を目指し努力していくと語った。

また同氏は、交通事故の原因はスピードの出し過ぎが33%、飲酒運転が11%であると述べる。警察官は危険運転で37,600人のバイク運転手から総額217,600ドルを罰金として回収したという。

しかし交通安全機関のエアー・チャリヤ氏は、改善の余地はまだまだ残っており、スピードカメラを頻繁に使用するよう促していると述べた。

http://www.phnompenhpost.com/

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+855-23-901-021

(日本語)受付時間[現地時間] 9:00~18:00

Leopalace21カンボジアでは日本人のお客様を中心にプノンペンで賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながらカンボジア人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。