+855-23-901-021

(日本語)受付時間
[現地時間] 9:00~18:00

お知らせ

2017年03月28日

【NEWS】シアヌークビル、極楽施設のさらなる開発へ 観光客の増加が背景に

シアヌークビル州は2016年に約240万人の観光客を迎え入れた。
国内外からの観光客が大幅に増加し9,600万ドルもの収益を生み出したと、観光省は昨日発表した。

シアヌークビルの観光省のマーケティングプロモーションを担当するメイ・ニモル副代表は、全体的に海岸沿いの州への観光客は一昨年2015年と比較すると37%増加したと述べた。

この成長は国内観光産業の急速な普及に支えられており、カンボジアの他の州からの観光客数は昨年45%増加して1,974,631人に達し、国外からの観光客は中国、ロシア、ベトナムからの観光客を中心に昨年12%増加して404,939人に達した。

ニモル氏は「我々の観光製品はまだ限られているが、観光客は娯楽と美しいビーチが高い水準のため増加し続けている。」と述べた。

同氏は、地域の観光産業はシアヌークビルでの休暇を楽しめるようにより多くの娯楽に関連した製品を作るよう取り組んでいると語った。

観光部門は経済発展のための主要な源の1つであり、昨年、同部門からの収入は9,600万ドルだったという。

我々は、関連する当局と協力して娯楽水準を改善、促進しさらに多くの観光客を魅了していこうと試みている。

アンコールTKトラベルツアーのアン・サン・エン代表は、観光はカンボジアの貧困を減らすための重要な部分ではあるが、観光客のために娯楽の選択肢を増やすことで観光産業を発達させる必要があると述べた。

観光産業が発達していき、それに関連する仕事に就く人やビジネスをする人々がより多くの収入を得られるようになるという。

同士は「しかしながら、未だ娯楽の選択肢は限られている。」と語る。また、リタイアしてカンボジアに来た外国人のために投資を行うべきだと主張した。

彼らはお金を消費することを好むが、そのためには高い娯楽性と質の高いサービスが必要だという。
http://www.khmertimeskh.com/

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+855-23-901-021

(日本語)受付時間[現地時間] 9:00~18:00

Leopalace21カンボジアでは日本人のお客様を中心にプノンペンで賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながらカンボジア人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。